メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京オリンピック 2021年7月23日開幕に決定

23日「そうじゃ吉備路マラソン」一転、中止に 新型肺炎で 岡山・総社市長「状況変わった」

「そうじゃ吉備路マラソン」の中止を発表する片岡聡一・総社市長=岡山県総社市の同市役所で2020年2月21日午後2時2分、小林一彦撮影

 岡山県総社市は21日、市内で23日に開催予定だった「そうじゃ吉備路マラソン」を、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止すると発表した。大会長の片岡聡一市長は19日に予定通りの開催を発表したばかりだったが、この日の記者会見で「福岡市で感染経路不明の感染者が出たり、クルーズ船の乗船者から死者が出たりするなど、この2日ほどで状況が大きく変わった」と理由を述べた。

 片岡市長は「(19日以降に)私のツイッターには開催を歓迎する多くの声がある一方、中止を求める声が増えていった」と明かした。市の担当課には20日の1日だけで約120件の電話があり、「70%は開催批判で、30%は本当に開くのかの確認だった」という。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. 東京で新たに13人感染確認 検体数少なく件数下がる 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです