メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クルーズ船のごみ、1日10トン 2次感染の恐れ 作業員にも防護服着用呼びかけ

横浜港に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」=2020年2月20日、本社ヘリから

 新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では、横浜港に停泊している間も大量の生活ごみが日々発生している。検疫のための長期停泊は前例のない事態で、ごみを扱う作業員に2次感染する恐れもある。ごみを処理する横浜市は2次感染の予防対策を徹底するなど慎重に対応を進めている。

 横浜港には2019年にクルーズ船が188回寄港しており、横浜市ではこれまでも寄港したクルーズ船から出るごみを引き受けてきた。客室の可燃ごみや乗客の食べ残しなどは家庭ごみと同様、一般廃棄物として扱われる。

 横浜市によると、2月10日から「ダイヤモンド・プリンセス」のごみの受け入れを始めた。最大で約3700人が乗る船内からは1日当たり10トン前後のごみが発生しているという。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 鉄パイプ落下 男性死亡 歩行中、頭に刺さる 東京・六本木

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです