メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マスク「買い占め売り惜しみ防止法」発動必要な状況ではない 政府答弁書

「マスクは在庫限りとなります」などの張り紙が。代わりにぬれマスクなどを陳列してスペースを埋めているという=松山市宮西で2020年2月6日、中川祐一撮影

 政府は21日に閣議決定した答弁書で、新型肺炎の影響で品薄状態が続いているマスクに関し、現段階では生活関連物資の買い占めなどを防ぐための「買い占め売り惜しみ防止法」の発動が必要な状況ではないとの見解を示した。NHKから国民を守る党の浜田聡参院議員の質問主意書に答えた。

 同法は生活関連物資の買い占めや売り惜しみが起きた場合などに、その物資を「特別の調査を要…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  4. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです