メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎余波で一部自治体の指定ごみ袋が品薄に 中国の工場が稼働停止

「1世帯1袋」に購入を制限する張り紙をしても熊本県菊陽町の「燃やすごみ袋」(一番上の棚)が売り切れたスーパー=同町で2020年2月21日午後1時23分、杉山恵一撮影

 中国で感染が拡大する新型コロナウイルスの影響で、中国製のごみ袋を使っている日本国内の一部自治体で指定ごみ袋が品薄になり始めた。中国の工場が稼働停止したためだ。

 千葉市の業者を通じて中国製を購入している熊本県菊陽町では、2月半ばの時点で約1カ月分の在庫があった可燃ごみ袋が急激に品薄になり、ここ数日スーパーなどで大量買い占めが相次いで入手困難になった。

 そのため町は21日、在庫に余裕がある資源ごみ袋で可燃ごみを出すことを容認すると発表。町は「資源ごみ袋も品薄になったら他の代替策を講じる。3月初めには国内製のごみ袋が入ってくるので品薄は解消されるはずだ」としている。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  2. 香取慎吾さん、民放連続ドラマ主演 SMAP解散後初 SNS「指殺人」巡る刑事もの

  3. 岸田氏、古賀氏と決別決意? 派閥パーティー招待せず 総裁選対応に不満

  4. 東証、システム障害で全銘柄の取引停止

  5. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです