SMAP再結成「ゼロではない」 中居正広さん「燃え尽き」否定も仕事への意欲湧かず 

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ジャニーズ事務所を退所することについて記者会見する中居正広さん=東京都港区で2020年2月21日午後5時半、長谷川直亮撮影
ジャニーズ事務所を退所することについて記者会見する中居正広さん=東京都港区で2020年2月21日午後5時半、長谷川直亮撮影

 「20~30代のようなギラギラした感じというものが、解散してからいつか湧き出てくるものなのか、時間がたてば自分の中から自然に出るものかと思っていたんですが、1週間、10日、3カ月、半年たっても、まだちょっと意欲というか、よし次というような感じにならなかった」

 21日に東京都内で記者会見し、所属するジャニーズ事務所を3月末で退所して独立すると発表した人気グループ「SMAP」の元メンバーの中居正広さん(47)。「燃え尽きじゃないけど」と否定し、終始明るく振る舞いながらも、2016年12月末でSMAPが解散した後、仕事への意欲が湧かなかった思いを正直に語り、「お世話になった会社を辞めてでも環境を変えなければいけないと思った」と独立の理由を説明した。ジャニーズ事務所創業者で、育ての親であるジャニー喜多川さんの遺骨を持って臨んだ記者会見は2時間近くに及んだ。ファンが期待するSMAP再結成については「1~99%のなかにはあると思いますよ。ゼロではない」と可能性はあると示唆した。

この記事は有料記事です。

残り1680文字(全文2120文字)

あわせて読みたい

ニュース特集