メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SMAP再結成「ゼロではない」 中居正広さん「燃え尽き」否定も仕事への意欲湧かず 

ジャニーズ事務所を退所することについて記者会見する中居正広さん=東京都港区で2020年2月21日午後5時半、長谷川直亮撮影

 「20~30代のようなギラギラした感じというものが、解散してからいつか湧き出てくるものなのか、時間がたてば自分の中から自然に出るものかと思っていたんですが、1週間、10日、3カ月、半年たっても、まだちょっと意欲というか、よし次というような感じにならなかった」

 21日に東京都内で記者会見し、所属するジャニーズ事務所を3月末で退所して独立すると発表した人気グループ「SMAP」の元メンバーの中居正広さん(47)。「燃え尽きじゃないけど」と否定し、終始明るく振る舞いながらも、2016年12月末でSMAPが解散した後、仕事への意欲が湧かなかった思いを正直に語り、「お世話になった会社を辞めてでも環境を変えなければいけないと思った」と独立の理由を説明した。ジャニーズ事務所創業者で、育ての親であるジャニー喜多川さんの遺骨を持って臨んだ記者会見は2時間近くに及んだ。ファンが期待するSMAP再結成については「1~99%のなかにはあると思いますよ。ゼロではない」と可能性はあると示唆した。

 中居さんはカジュアルな服装で現れ、開始予定時間より前から会場で報道陣を出迎えた。自分で司会を務めた会見では、解散後のもやもやとした胸中を語りつつも、「フラッシュの点滅にご注意ください」と手書きされたプラカードを示したり、時折立って歩き回りながら受け答えをしたりするなど、終始明るく振る舞った。おどけたような語り口に、会場では頻繁に笑い声が上がっていた。

 報道陣からは、SMAP解散や、稲垣吾郎さん(46)ら3人のメンバーの退所についての質問が相次いだ。自身も同じタイミングで退所しようと考えなかったかと問われると、中居さんは「解散して出ようかな、いようかなとか」「もちろん模索しましたよ」と悩んだことを明かしつつ、いったんはジャニーズ事務所にとどまったことが「当時、僕にとっては最良の決断だった」とも振り返った。

 また「新しい地図」の稲垣さん、草彅剛さん(45)、香取慎吾さん(43)との共演や、SMAP再結成の可…

この記事は有料記事です。

残り1272文字(全文2120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです