連載

リモートワーク最前線

インターネットや柔軟な働き方の導入で「会社から離れて働く」ことが注目されています。「働くこと」はどう変わる?

連載一覧

リモートワーク最前線

新型肺炎でリモートワーク相次ぐ 「業績に影響なし」「不安緩和に有効」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
リモートワークによるコミュニケーション不足の解消手段として導入している、ウェブ会議システム=東京都品川区で2020年2月18日、高橋祐貴撮影
リモートワークによるコミュニケーション不足の解消手段として導入している、ウェブ会議システム=東京都品川区で2020年2月18日、高橋祐貴撮影

 職場での感染症対策は進んでいますか――。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、社員の感染予防のため時差出勤や「リモートワーク(テレワーク)」などの働き方が注目を集めている。リモートワークで働く社員に密着すると、通勤時などで新型肺炎に感染するリスクを緩和できている一方、社員間のコミュニケーション不足の解消が課題として浮かんできた。【高橋祐貴、宮崎稔樹/東京経済部】

この記事は有料記事です。

残り2096文字(全文2278文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集