メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎「症状が軽い場合は自宅で安静に」 感染症学会などがメッセージ

透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供

 日本感染症学会と日本環境感染学会は21日、新型コロナウイルスの感染まん延期に備え、一般市民に対し「症状が軽い場合は自宅で安静にする」といった行動のポイントをウェブサイトに公表した。政府の専門家会議は16日、国内の発生状況を「発生早期」と位置づけたが、両学会は「各地で感染経路が特定できない事例が報告され始め、地域によって感染まん延期に対策を移行させていく必要がある」と…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「今年の子ども」に15歳少女 いじめ関連単語の変換アプリ開発 米誌タイム初選出

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです