メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎「症状が軽い場合は自宅で安静に」 感染症学会などがメッセージ

透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供

 日本感染症学会と日本環境感染学会は21日、新型コロナウイルスの感染まん延期に備え、一般市民に対し「症状が軽い場合は自宅で安静にする」といった行動のポイントをウェブサイトに公表した。政府の専門家会議は16日、国内の発生状況を「発生早期」と位置づけたが、両学会は「各地で感染経路が特定できない事例が報告され始め、地域によって感染まん延期に対策を移行させていく必要がある」と…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  3. “松井5敬遠”28年後の馬淵×林対談 全打席敬遠「タイムスリップしたらまたやる」 響く怒声、飛ぶメガホン(第3回)

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです