J1開幕戦会場でも目立ったマスク姿 来場者の手に消毒液 新型肺炎対策

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
J1リーグ開幕戦で、新型コロナウイルス対策でマスクをして声援を送る湘南サポーターら=BMWスタジアムで2020年2月21日、宮武祐希撮影
J1リーグ開幕戦で、新型コロナウイルス対策でマスクをして声援を送る湘南サポーターら=BMWスタジアムで2020年2月21日、宮武祐希撮影

 新型コロナウイルスの感染が広がる中で幕を開けた今季のJリーグ。1万3071人を集めた湘南―浦和の会場のShonanBMWスタジアム平塚(神奈川県平塚市)では、マスクをつけた観客やスタッフの姿が目立った。

 試合の運営にあたった湘南はJリーグの方針を受け、医師を増員し、トイレなどに消毒液を設置。入場ゲートでは係員が拡声器でアルコール消毒の利用を呼び掛け、来場者の手に消毒液を吹きかけていた。ボールパーソ…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

あわせて読みたい

ニュース特集