メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

ロックバンド/King Gnu 音楽シーンに突如現れた実力派ロックバンドに密着

「情熱大陸」に登場するKing Gnu=MBS提供

[PR]

 誰もが認める類い稀な才能と高い技術力で日本の音楽シーンに切り込むロックバンド・King Gnuがドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、2月23日午後11時~)に登場。今、最も勢いがあり、チケットが取れないバンドの一つとも言っても過言ではないだろう。

 彼らの存在がより広く知られるきっかけになった楽曲、それは、去年、テレビドラマの主題歌となった「白日」。発売から1年たった今もランキングの上位に位置し、ストリーミングは1億回再生を突破。企業のタイアップ曲を多数手掛け、2019年の紅白歌合戦への出場を果たすなど、デビュー1年あまりで破竹の快進撃を続けている。

 バンドを率いるのは、全ての楽曲制作を手掛ける常田大希(ギター&ボーカル)。井口理(キーボード&ボーカル)は、常田と同じ長野県伊那市出身で一つ年下。同い年の新井和輝(ベース)、勢喜遊(ドラム)と2015年に出会い、常田が活動していたバンドSrv.Vinciのメンバーチェンジで現在の4名体制に固まった。

 いかにもロックバンドマンらしい風貌ではあるが、常田と井口は共に東京芸術大学音楽学部に在学歴がある。しっかりと存在感のあるツインボーカル、リズム隊の高い技術力も合わさり、バンドメンバー4人それぞれが強い個性を放つ。

 より多くの人に受け入れられるように、つまり、“売れる音楽”を世に出そうと方向性を定め、2017年にバンド名をKing Gnuに改名、2019年1月にメジャーデビューした。

 趣味や個性はバラバラに見える彼らだが、日ごろの仲はひと際良い。メンバーは友達であり、仲間であり、家族であり、ビジネスパートナー。4人にカメラを向けた時のふざけあう姿が印象的だ。

 音楽を通じて夢を共有しているという彼ら。番組では、去年8月から彼らに密着開始。フェスや全国ツアーで多忙な時期に取材を行った。曲をリリースするごとに益々注目度を増す彼らがこの先に見つめるものとは―。

<プロフィル>メンバーはギター&ボーカルの常田大希(長野県・伊那市生まれ)、ベースの新井和輝(東京・福生市生まれ)、ドラムの勢喜遊(徳島県・阿南市生まれ)、キーボード&ボーカルの井口理(長野県・伊那市生まれ)。常田大希と井口理は共に長野県伊那市出身の幼馴染。2013年、常田が石若駿らと共に自らのソロプロジェクトとして前身となる「Mrs.Vinci」を結成。その後「Srv.Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)」へ改名。2015年、常田と知り合った勢喜が新井を誘う形で4人での活動を始める。2017年、バンド名を「King Gnu」に改名。2019年、メジャーデビュー。年末には、第70回NHK紅白歌合戦に出場。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  4. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです