メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インバウンド・聖地巡礼

/39 合掌造りの古民家群 伝統建築の美を堪能 /東京

奥美濃の古民家は、現代のタウトたちにどう映ったのだろうか

 一昨年の話になるが、デンマークの国立大学で建築学を専攻する北欧の学生たち、約30人が来日し、岐阜県奥美濃の山間部に残る古民家を見て歩いた。

 案内したのはここで生まれ育った建築家、瀧下嘉弘さん(75)。霊峰・白山を抱くこの一帯は、豪雪と大家族制を反映した「合掌造り」と呼ばれる特徴的な木造民家が発達した。後に世界文化遺産に登録された岐阜県白川郷や富山県五箇山ほどの規模ではなくても、それに準ずる民家群が多く残っていたのだが、日本が高度経済成長を遂げる過程の中で、それらの多くが姿を消していった。

 瀧下さんが山向こうの福井県九頭竜川沿いで大庄屋宅が解体されるのに立ち会ったのは大学生の時。「300年近く家族を支えてきた家がダム建設のために沈むことになって。ショックでしたね。どれほど多くの文化財級の民家がこの一帯から消え去ったことか」

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです