重度障害児、優先入所 学童クラブ4月新設 調布市 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 調布市は21日、放課後の小学生を預かる学童クラブについて、障害の重い児童を優先的に受け入れる施設を4月に新設すると発表した。障害児を最大15人程度受け入れ、車両で送迎する。障害児の親が職場に復帰しやすくなると期待される。

 施設は同市富士見町4に建設し、社会福祉法人に事業委託する。医務室、エレベーター、個室トイレを備え、看護師を常駐させる。定員は40人。健常児と障害児が一緒に過ごす…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集