メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

A級順位戦最終局 「将棋界の一番長い日」 静岡・浮月楼で27日 渡辺三冠、勝ちきるか注目 /静岡

豊島将之名人=福岡県飯塚市の麻生大浦荘で、田鍋公也撮影

 将棋の豊島将之名人への挑戦者を決める、第78期A級順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社、日本将棋連盟主催)の最終局が27日、静岡市葵区の浮月楼で開かれる。最終局の静岡市開催は3年連続4回目。将棋ファンの間で最終局は「将棋界の一番長い日」とされ、シーズンを締めくくる熱戦が深夜まで続く。大盤解説などさまざまなイベントも予定されている。【大谷和佳子】

 A級順位戦は、将棋界のタイトルの中でも最も歴史のある「名人」位への挑戦者を決めるリーグ戦。ランク別にプロ棋士が所属する五つの級の中で最上位のA級10人が総当たりで戦い、最も成績のよい棋士が名人への挑戦権を得る。

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 和歌山・紀の川市立中でクラスター 教員3人が新型コロナ感染

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです