メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

綾部市20年度当初予算案 166億4739万円 一般会計前年度比2%増 /京都

 綾部市は21日、2020年度当初予算案を発表した。度重なった過去の災害復旧関連費が今も財政を窮迫させているとして、山崎善也市長は「自前の資金を節約した緊縮財政だが、事業を厳選して将来へつながる予算を編成した」と話す。28日開会の定例市議会に提案する。

 一般会計の総額は前年度比2%増の166億4739万円。歳入で市税は同比0・6%減の45億981万円とする一方で、地方交付税は2・4%増の44億6600万円、国庫支出金は3%増の21億3008万円を見込む。財政調整基金からの繰り入れは3・6%減の6億4155万円。市債発行は19・9%減の8…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです