メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家庭の受動喫煙防止 寝屋川市が条例提案 3月議会 /大阪

 寝屋川市は21日、家庭やマイカーなど私的空間を含めた場所での子どもの受動喫煙を防止する「子どもの健やかな成長のための受動喫煙防止条例」案を3月市議会に提案すると発表した。私的空間での受動喫煙をめぐっては、罰則はなく努力義務だが、実効性を高めるため、希望する小学4年生を対象に副流煙を吸っていないかをチェックする尿検査を行う。条例と合わせた取り組みは、府内では初めてという。

 条例案では、保護者は家庭で18歳未満の受動喫煙の防止に努めなければならないと規定。同室や同乗する自動車での禁煙を努力義務とした。また市民にも学校周辺や通学路、公園で路上喫煙しないように努めることを求めた。市内の4駅周辺などに路上喫煙禁止区域を設け、中止命令に従わない場合は1000円の罰金を科す。

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 「次期総裁は岸田氏か石破氏」 小泉純一郎元首相と山崎拓氏が一致

  5. 靖国参拝の小泉進次郎氏「大臣になってもちゅうちょなかった」 4閣僚が参拝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです