メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラ競技学べる事典 大体大客員教授・高橋さんが監修 /大阪

パラスポーツの解説本「わかる! 応援できる! パラスポーツ事典」を監修した高橋明・大阪体育大学客員教授=大阪市東住吉区で、加藤敦久撮影

 8月に開幕する東京パラリンピックを前に、夏季大会各競技を紹介した「わかる! 応援できる! パラスポーツ事典」が出版された。監修した大阪体育大学客員教授の高橋明さん(68)は「小中高校生向けに分かりやすく解説した。学校の図書室や地元の図書館に置いたり、授業に活用してもらいたい」と話している。

 1974年に国内の草分け的施設として「大阪市長居障がい者スポーツセンター」(同市東住吉区)が開館した際、高橋さんはスポーツ指導員として働き始めた。それ以降、長い間普及活動に尽力してきた。パラリンピックでは5大会で日本選手団の監督、コーチを務めた。

 今年は夏の東京大会が近づいたことで、これまでにない関心の高まりを感じているという。一方、「実際に試合を観戦した人は少なく、ルールも十分浸透していない」と感じている。「今こそ各競技の特徴や面白さをさらに理解してもらい、ファンの増加や競技の定着につなげたい」と考え、2019年11月の出版に協力した。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです