メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不思議な浮かぶ島 今治で冬の風物詩 国分小・別府校長が撮影 /愛媛

 沖合の島が浮き上がったように見える瀬戸内海の冬の風物詩「浮き島現象」。今治市立国分小(古国分2)の別府健二校長(58)が校舎から撮影し、講話の時間に全校児童237人に紹介した。

 浮き島は蜃気楼(しんきろう)の一種で、遠くの島や船などが海から浮かんでいるように見える。暖かい海面付近の空気の層と、冷や…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです