メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証再編、22年4月 清田CEO「現実論でベスト」

 日本取引所グループ(JPX)は21日、東京証券取引所の株式市場を現在の4市場から3市場に再編する制度改正の骨子を公表した。2022年4月1日に移行する。東証1部上場企業は、厳格化される新基準を満たさなくても最上位の市場に横滑りできる経過措置を設け、猶予期限は示さなかった。

 「降格」の恐れがある企業に配慮したため、魅力的な市場に刷新する当初の狙いはかすんだが、JPXの清田瞭最高経営責任者(CEO)は「現実論としてできるベスト」と強調した。

 東証4市場(1部、2部、マザーズ、ジャスダック)を3市場(プライム、スタンダード、グロース=いずれも仮称)に再編することが柱。プライムの上場基準は市場で売買できる「流通株式」の時価総額100億円以上で、これを下回れば上場廃止とする。上場基準を満たさなくなった場合に東証1部から2部に移行できる「指定替え」制度は無くなる。

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです