メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

歩きやすい通勤シューズ 落ち着いた黒を基調に

ジャケットとパンツ、リュックのカジュアルな通勤スタイルに合わせた革製シューズ。あえてソールが白い靴を選んでも軽やかだ

 健康増進のため、歩きやすい服装での通勤を推奨するスポーツ庁の「ファン・プラス・ウオーク・プロジェクト」が始動して、まもなく2年。ビジネスシューズの選択肢は、革製のウオーキングシューズやスニーカーのほか、機能性に優れたランニングシューズなどにも広がっている。22日は「スニーカーの日」。通勤にどんな靴、履いていますか?

 「1年くらい前まではスーツ、ネクタイ姿に白いスニーカーを履いている人がいたけれど、最近はあまり見かけない」。西武池袋本店(東京都豊島区)の俣野善仁・スポーツシューズ係長はそう話す。ジャケットとパンツといったカジュアルな服装に同系色の革製スニーカーを合わせるなど、全体的に落ち着いた着こなしに移行しているという。

この記事は有料記事です。

残り1374文字(全文1689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 特集ワイド コロナショック 大谷義夫医師「最強の体調管理」 朝食欠かさず昼寝、散歩を よく笑って免疫力アップ

  3. 緊急事態宣言「効果確認に1カ月必要」「何としても終結に」 菅官房長官会見詳報

  4. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  5. 都内の感染者、新たに80人確認 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです