メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

歩きやすい通勤シューズ 落ち着いた黒を基調に

ジャケットとパンツ、リュックのカジュアルな通勤スタイルに合わせた革製シューズ。あえてソールが白い靴を選んでも軽やかだ

 健康増進のため、歩きやすい服装での通勤を推奨するスポーツ庁の「ファン・プラス・ウオーク・プロジェクト」が始動して、まもなく2年。ビジネスシューズの選択肢は、革製のウオーキングシューズやスニーカーのほか、機能性に優れたランニングシューズなどにも広がっている。22日は「スニーカーの日」。通勤にどんな靴、履いていますか?

 「1年くらい前まではスーツ、ネクタイ姿に白いスニーカーを履いている人がいたけれど、最近はあまり見かけない」。西武池袋本店(東京都豊島区)の俣野善仁・スポーツシューズ係長はそう話す。ジャケットとパンツといったカジュアルな服装に同系色の革製スニーカーを合わせるなど、全体的に落ち着いた着こなしに移行しているという。

この記事は有料記事です。

残り1374文字(全文1689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「こんな日が来るとは」 大相撲・大栄翔の埼玉出身力士初Vに県民歓喜

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです