メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

ヘイト問題を考える 今回のゲスト 安田浩一さん

対談するジャーナリストの安田浩一さん(右)と森健さん=東京都千代田区で

 特定の人種や国籍、性的指向などを対象とした差別的な活動や表現が広がり、社会問題化している。2016年にはヘイトスピーチ対策法が成立するなど、政治や行政が対応を進めている。なぜ差別が広まるのか。防止に何が必要なのか。ヘイト問題に詳しいジャーナリストの安田浩一さんと森健さんが論じた。【構成・栗原俊雄、撮影・内藤絵美】

この記事は有料記事です。

残り3252文字(全文3410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  2. 大阪で新たに326人感染 死者は12人で1日当たり過去最多 新型コロナ

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. 大阪市北区、中央区で時短要請 対象2万5000店 15日間応じた店に協力金

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです