メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ウイルス封じ込めのチャンス縮小」WHOが危機感 医療未整備国への支援要請

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長=AP

 世界保健機関(WHO)は21日の記者会見で、新型コロナウイルスが世界的に感染拡大している状況について、「封じ込めのチャンスが縮小している」と危機感を示した。中国への渡航歴や感染者との接触がないなど明確な感染経路をたどれないケースや、医療設備が整っていない地域での感染が増えていることを懸念。各国に資金提供の強化も呼びかけた。

 テドロス事務局長は特にイランで患者が急増している状況を注視。イランでは、19日に最初の感染者が確認され、21日までに18人の感染が確認され4人が死亡した。感染が確認された人は、イラン各地に点在している。こうした状況を受けて新型コロナウイルスの世界的な感染状況は転換期に入ったのかという質問にテドロス氏は、「封じ込めの機会の窓が完全に閉じてしまわないうちに対策を講じなければならない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り51文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 埼玉県も休業要請へ 慎重姿勢転換 大野知事「首都圏一体で対応」

  4. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです