メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

趣味の大工仕事で…兵庫・西宮市職員が収集車を私的使用 廃棄ペンキが路上に散乱

収集車からこぼれたペンキのあと=兵庫県西宮市で、井上元宏撮影

 兵庫県西宮市は21日、市環境局の男性職員(32)が、ごみ収集車を私用で使い、趣味の大工仕事で余ったペンキ入りの一斗缶10個(容量計180リットル)を廃棄していた、と発表した。紙などで吸って可燃ごみで出す分別ルールを守らず一斗缶ごと運んだため、ペンキが道路上に散乱。後続の乗用車も汚していた。

 市によると、男性職員は10日、収集車で担当のごみを収集して職場に戻った後、同乗…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです