メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発熱後も出勤、試験官務める 千葉・教諭感染 市立校全教職員の発熱状況調査へ

新型コロナウイルスに千葉市立中学校の女性教員が感染していたことが分かり、市の対応などについて説明する熊谷俊人市長=千葉市役所で2020年2月22日午前11時37分、加藤昌平撮影

 千葉市は22日、花見川区にある市立中学校の60代女性教諭が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。教諭は12日に発熱を訴え、19日まで勤務していた。市と市教委は勤務先の学校を消毒し、3連休明けの25、26両日を休校にする。学校の生徒、保護者には不要不急の外出を控えるよう一斉メールで連絡した。

 市などによると、教諭は12日に発熱や吐き気の症状を訴え、千葉県内…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 新型コロナ感染の大阪・毎日放送役員が死去

  5. 「取っとけや」隅に呼び出し30万円 河井前法相の強引な手法次々と 案里議員陣営選挙違反

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです