メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜」名簿廃棄は「障害者職員」 首相の言葉の裏にある「偏見」市民が問題提起

弁護士会館前に掲示されたメッセージ=鈴木渉さん撮影

 「この国のいちばんの障害は『障害者』という言葉だ。」というメッセージが21日、東京・霞が関の弁護士会館前に掲示された。「桜を見る会」を巡り、安倍晋三首相が昨年12月の参院本会議で、招待者名簿をシュレッダーで廃棄したのは「障害者雇用職員」だったと答弁で明らかにしたことがきっかけで、「障害者という言葉の裏にある、欠陥がある者といった偏見や固定観念について問題提起したい」と、企画制作会社「ヘラルボニー」(岩手県花巻市)が企画した。

 メッセージの横には、「障害者」と書かれた紙が額縁の下にはみ出しシュレッダーで細断されているように見えるオブジェをあしらった。2018年10月にオークションで高額落札されると同時にシュレッダーで細断された路上芸術家、バンクシーの作品から着想を得て、桜を見る会の名簿廃棄とイメージを重ねた。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです