メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜」名簿廃棄は「障害者職員」 首相の言葉の裏にある「偏見」市民が問題提起

弁護士会館前に掲示されたメッセージ=鈴木渉さん撮影

 「この国のいちばんの障害は『障害者』という言葉だ。」というメッセージが21日、東京・霞が関の弁護士会館前に掲示された。「桜を見る会」を巡り、安倍晋三首相が昨年12月の参院本会議で、招待者名簿をシュレッダーで廃棄したのは「障害者雇用職員」だったと答弁で明らかにしたことがきっかけで、「障害者という言葉の裏にある、欠陥がある者といった偏見や固定観念について問題提起したい」と、企画制作会社「ヘラルボニー」(岩手県花巻市)が企画した。

 メッセージの横には、「障害者」と書かれた紙が額縁の下にはみ出しシュレッダーで細断されているように見えるオブジェをあしらった。2018年10月にオークションで高額落札されると同時にシュレッダーで細断された路上芸術家、バンクシーの作品から着想を得て、桜を見る会の名簿廃棄とイメージを重ねた。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 欧州の分岐点 不安な時つぶやきたくなるメルケル語録ベスト5

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです