メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

着岸したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」と待機する救急隊員ら=横浜市鶴見区の大黒ふ頭で2020年2月9日、吉田航太撮影

 災害医療の関係者でつくる「日本災害医学会」(東京)は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国・武漢市からの帰国者やクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客らに対応した医療関係者が「職場で『バイ菌』扱いされるなどのいじめを受けている」として、抗議する声明を発表した。医療関係者の子どもが幼稚園や保育園から登園自粛を求められるなどの事態も起きているという。【木許はるみ】

 同学会は声明で「現場で人命を救うために自分の身を危険にさらして活動した医療者の中から、信じがたい不当な扱いを受けた事案が報告されている」と指摘。「もはや人権問題ととらえるべき事態であり、強く抗議するとともに改善を求めたい」と記した。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです