メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

着岸したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」と待機する救急隊員ら=横浜市鶴見区の大黒ふ頭で2020年2月9日、吉田航太撮影

 災害医療の関係者でつくる「日本災害医学会」(東京)は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国・武漢市からの帰国者やクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客らに対応した医療関係者が「職場で『バイ菌』扱いされるなどのいじめを受けている」として、抗議する声明を発表した。医療関係者の子どもが幼稚園や保育園から登園自粛を求められるなどの事態も起きているという。【木許はるみ】

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです