佐々木朗希と松坂大輔 2人の怪物の「現在地」 カミソリシュート平松政次が探る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
キャッチボールするロッテ・佐々木朗希=沖縄県石垣市の石垣市中央運動公園で2020年2月1日午前10時24分、田内隆弘撮影
キャッチボールするロッテ・佐々木朗希=沖縄県石垣市の石垣市中央運動公園で2020年2月1日午前10時24分、田内隆弘撮影

 球春が到来したプロ野球。注目の的は最速163キロ右腕の「令和の怪物」、佐々木朗希(18)=ロッテ=だろう。一方、忘れてはいけないのが「平成の怪物」。今季から古巣に戻った松坂大輔(39)=西武=も連日のブルペン入りの様子が報じられるなど、順調な調整を続けているようだ。「2人の怪物」を今、どう位置づけたらいいのか。右打者の懐をえぐる「カミソリシュート」を武器に通算201勝を挙げた元大洋(現DeNA)のエースで、解説者の平松政次さん(72)がその「現在地」を探った。【倉沢仁志/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2262文字(全文2514文字)

あわせて読みたい

注目の特集