メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・旅する・みつける

東京・千代田区 皇居東御苑 江戸城に思い巡らせ 自然と歴史の宝庫 /東京

江戸城の正面にあたる大手門。東御苑の出入り口でもある=東京都千代田区千代田で2020年1月29日、長谷川隆撮影

 東京の皇居東御苑(ひがしぎょえん)は、日本人だけでなく外国人旅行者らにも人気の観光スポットだ。2019年の年間入場者数は223万8233人で、過去最多を更新した。その魅力を探るため、公益財団法人「菊葉文化協会」(東京)が実施する無料ツアーに参加し、ガイドと園内を巡ってみた。【長谷川隆】

 協会によると、東御苑は広さが21万平方メートルあり、皇居東側の旧江戸城本丸、二の丸、三の丸の一部を庭園として宮内庁が整備した。一般公開は1968年からで、一昨年、開園50年を迎えた。江戸城時代の史跡が見られるほか、四季の草花や野鳥のさえずりも楽しめる。

 大手門から入園すると、大手休憩所前で、ガイドの横山均さん(61)が迎えてくれ、一般参加者とも合流した。

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです