メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春呼ぶおはやし きょうまで勝山左義長まつり /福井

冷たい雨の中、大勢の観光客らが集まった勝山左義長まつり=勝山市で2、塚本恒撮影

 奥越地方に春を呼ぶ、奇祭とされる「勝山左義長まつり」が22日、勝山市中心部で始まった。赤い長じゅばん姿の大人や子どもたちが独特なおどけた仕草で太鼓を打ち鳴らした。23日まで。

 勝山左義長まつりは江戸時代に始まったとされる伝統行事で、三味線や笛などの軽快なおはやしに合わせて踊りながら太鼓を打つのが特徴。県の無形…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです