かわいい×かっこいい=ラブ♥キティ新幹線 下京・鉄博で展示 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ハローキティのラッピングを施された常設展示の500系=京都市下京区の京都鉄道博物館で、矢倉健次撮影
ハローキティのラッピングを施された常設展示の500系=京都市下京区の京都鉄道博物館で、矢倉健次撮影

鉄道ファン・STU48瀧野さんも絶賛

 京都鉄道博物館(京都市下京区)で「猫の日」の22日、初の「ハローキティ新幹線展」が開幕した。5月24日まで。【矢倉健次】

 ハローキティ新幹線は2018年6月から山陽新幹線の「こだま」として原則1日1往復運行されている500系8両編成のラッピング車両。外観にピンク色を基調として人気キャラクター「ハローキティ」などが描かれ、内装もハローキティづくしの2車両が連結されている。

 今回は、列車の紹介コーナーで内部の様子やこれまでの軌跡を見ることができるほか、館に常設展示されている500系新幹線の先頭車両にも、実際に運行されているハローキティ新幹線とほぼ同じラッピングが施された。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文578文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集