メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀州うめどり10万羽餓死 田辺など3養鶏場、悪臭に住民苦情 /和歌山

 有田養鶏農業協同組合(有田川町)が、田辺市と日高川町で経営する3養鶏場で、約10万羽の鶏が死んだままになっていることが県への取材で分かった。県などには2月中旬以降、周辺住民から「悪臭がする」などと苦情が寄せられているという。獣医師による調査では「鳥インフルエンザ」などの病気の可能性はなく1月以降、餌が与えられずに餓死し…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです