メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人めぐり

熊本県発達障害当事者会「Littlebit」共同代表理事 須藤雫さん(28)=熊本市 /熊本

須藤雫さん

対話を通じて理解を

 一見分かりづらいことから「見えない障害」と言われる発達障害。熊本県内で初めて当事者の会として発足した「Little bit(リルビット)」の共同代表理事、須藤雫さん(28)は会員同士の交流や障害を理解してもらうための講演などの活動を9年にわたって続けている。【栗栖由喜】

 Q 会設立の経緯は

 須藤さん 障害のある大学生や高校生を支援する団体「障害学生パートナーシップネットワーク」に所属する学生たちから、当事者同士が交流できる場がほしいと声が上がったのがきっかけです。2011年に発足しました。当時は、病院や支援機関に当事者の会を作りたいと相談しても、トラブルが起きるからと断られていたので当事者たちで作られました。

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです