メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 クルーズ下船後に陽性 栃木の60代女性

 栃木県は22日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していた60代女性が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。女性は14日間の経過観察期間に行われた検査では陰性と判断され下船しており、その後陽性となる初めてのケースになる。千葉市も同日、市立中学校の60代女性教諭の感染を明らかにした。このほか北海道、千葉県、東京都、神奈川県、石川県、愛知県、和歌山県、熊本県でも計25人の感染が新たに確認された。北海道と東京都の計2人は基礎疾患があり、症状が重いという。感染者のほとんどが発症前2週間以内の渡航歴がなく、感染経路は不明だ。

 栃木県によると、女性は19日に下船したが、21日に発熱があり、22日の検査で陽性と分かった。

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1105文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです