メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

男女の平均寿命差 社会と生物、両方に要因=長谷川眞理子・総合研究大学院大学長

長谷川眞理子氏=東京都千代田区で2019年1月17日、根岸基弘撮影

 3月8日は国際女性デーである。1904年3月8日、ニューヨークで参政権を求めて女性労働者たちがデモ行進した日だ。75年に国連がこの日を国際女性デーとして定め、女性の平等な社会参加の実現を、国連事務総長が加盟国に呼びかける日となっている。

 04年の3月から100年以上がたち、女性をめぐる状況は徐々に改善されてきた。それを喜ぶとともに、さらなる努力を続けよう。

 さて、今回は、女性の寿命と健康について考えてみたい。2018年の日本人の平均余命は、男性81・25年、女性87・32年であった。これは、各年齢における死亡率などの状況が今と変わらないと仮定したとき、18年に生まれた赤ちゃんが、今後何年生きるかの期待値をあらわしている。

この記事は有料記事です。

残り1406文字(全文1721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです