メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

男女の平均寿命差 社会と生物、両方に要因=長谷川眞理子・総合研究大学院大学長

長谷川眞理子氏=東京都千代田区で2019年1月17日、根岸基弘撮影

 3月8日は国際女性デーである。1904年3月8日、ニューヨークで参政権を求めて女性労働者たちがデモ行進した日だ。75年に国連がこの日を国際女性デーとして定め、女性の平等な社会参加の実現を、国連事務総長が加盟国に呼びかける日となっている。

 04年の3月から100年以上がたち、女性をめぐる状況は徐々に改善されてきた。それを喜ぶとともに、さらなる努力を続けよう。

 さて、今回は、女性の寿命と健康について考えてみたい。2018年の日本人の平均余命は、男性81・25年、女性87・32年であった。これは、各年齢における死亡率などの状況が今と変わらないと仮定したとき、18年に生まれた赤ちゃんが、今後何年生きるかの期待値をあらわしている。

この記事は有料記事です。

残り1406文字(全文1721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです