メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

久光製薬 サロンパス 銭湯の試供品で知名度上げ

サロンパス=久光製薬提供

 肩こりや筋肉痛の患部にペタリと貼る久光製薬の鎮痛消炎剤、サロンパスは、1934年に発売された。

 それまでの貼付(ちょうふ)薬は、顔料の鉛丹と油分を練った薬を紙に塗って皮膚に貼る「万金膏(まんきんこう)」が主流だったが、肌が黒く汚れた。久光製薬(当時は久光兄弟合名会社)は筋肉痛の薬として使われ始めていた透明の薬効成分「サリチル酸メチル」に注目。生ゴムや樹脂と混ぜてのり状にして布に塗り、表面にフィルムを貼って使用前にはがす貼付薬を開発した。商品名は、サリチル酸メチルと、硬膏を…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  4. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです