メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震被害の漱石宅「保存を支援」 村上春樹氏、熊本で語る

熊本地震についてのトークイベントで参加者からの質問に答える村上春樹さん(右)=熊本市中央区で2020年2月22日午後8時2分、津村豊和撮影

 2016年の熊本地震から4年を前に、世界的人気作家の村上春樹さんが22日、熊本市内でのトークイベントに登場した。村上さんが公開イベントに参加するのは珍しい。村上さんは約200人の参加者を前に、自身の呼びかけで集まった被災地支援の寄付金の使い道などを報告した。

 村上さんは熊本地震の前年、女性誌「クレア」(文芸春秋)の企画で写真家の都築(つづき)響一さん、エッセイストの吉本由美さんと熊本県を訪れ…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  5. 「安倍氏が自らの言葉で説明責任果たすべき」 野田聖子・自民幹事長代行、桜前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです