メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

真夜中に小学生を追い返した児相 それで子ども守れるのか

松尾貴史さん作

 児童相談所というところは、0歳から17歳までの子どもたちの問題に対処する公的機関だが、神戸市中央区東川崎町の神戸市こども家庭センターという児童相談所で当直業務に当たっていた職員が、午前3時過ぎに助けを求めてやって来た小学6年生の女子児童に対し、インターホン越しに「警察に相談しなさい」と言って追い返してしまった。

 このスタッフはどういう了見でそんなことをしたのだろうか。まさに児相の業務範囲だと思うが、真夜中にたたき起こされて迷惑だったのだろうか。子どもが自ら児童相談所に赴くというのは、よほど困ってのことだろうし、ある種の勇気も必要なことだ。そのハードルをなんとか越えて助けを求めてきた子どもに、面談すらせずインターホンの画面だけを見て、「緊急性がないと判断した」のだと言う。

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです