メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫の日に「みこにゃん」招き猫ねぷた限定販売 青森・弘前

定番の招き猫ねぷた(中央)とキャサリン(右)、みこにゃん(左)のねぷた=青森県弘前市の津軽藩ねぷた村で2020年2月21日午後3時5分、平家勇大撮影

 青森県弘前市の物産観光施設「津軽藩ねぷた村」では「2」(ニャン)が並ぶ2月22日が「猫の日」とされるのにちなみ同日、巫女(みこ)と三毛猫を組み合わせた三戸大神宮(三戸町)のイメージキャラクター「みこにゃん」をモチーフにした「招き猫ねぷた」の販売が始まった。

 同施設では2年前から招き猫をかたどった招き猫ねぷたを制作。昨年、みこにゃんをモチーフに…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです