メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「秘境」小歩危峡にバンジージャンプ レジャー施設計画に揺れる徳島・三好市

バンジージャンプの施設建設が計画されている小歩危峡の一角=三好市提供

 「秘境」で知られる徳島県三好市の景勝地・小歩危峡に、地元の観光会社がバンジージャンプといった複合型レジャー施設の建設を計画している。施設建設には、市が県へ吉野川の河川占有許可を申請する必要があるが、一部住民は「景観が損なわれる」と反対。観光会社は「衰退していく地域の存続には、誘客できる観光施設が必要だ」と主張しており、市は難しい判断を迫られている。【松山文音】

 計画するのは「大歩危観光」(同市山城町)で、国の天然記念物や名勝の「大歩危小歩危」の隣接地に、鉄骨製タワー(高さ約19メートル)を整備する内容。タワーから落差約44メートルの川面に向かって飛び降りるバンジージャンプ▽タワーから対岸にワイヤ2本を張り、吉野川を眼下に巨大ブランコに乗る「キャニオンスイング」▽滑車でワイヤを滑り、対岸へ渡る「ジップライン」――などを整備する。

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文1059文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  2. ORICON NEWS 渡部建のラジオ『GOLD RUSH』8年の歴史に幕 現役大学生・長谷川ミラの新番組スタート

  3. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  4. 仏シャルリーエブド旧本社前で2人刺され1人重傷 15年のテロ事件現場

  5. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです