メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

運転免許返納、9年で7倍 「決断」を後押ししたものは? 栃木

宇都宮中央署の岡広志署長(右)から表彰状を贈られる稲葉勉さん=栃木県宇都宮市下戸祭1の宇都宮中央署で2020年1月22日午前11時19分、玉井滉大撮影

 2019年の栃木県内の運転免許証の自主返納者が8413人と過去最多になったことが、県警への取材で明らかになった。10年(1260人)から約7倍に急増している。全国で相次いでいる高齢ドライバーの重大事故や各自治体による自主返納者への支援拡充などが、決断を後押ししているようだ。【玉井滉大】

 1月下旬、宇都宮市の弁護士、稲葉勉さん(77)は運転免許証を返納するために宇都宮中央署を訪れた。返納手続きを終えた後、岡広志署長から「勇気ある決断に深く敬意を表します」などと書かれた表彰状を受け取った。「事故で被害者を出してしまうのであれば、多少の不便はしのんで公共交通機関を利用する。大事故を防止するのは自己の意思決定だと思う」と晴れやかな表情で語った。

 県警運転免許管理課によると、この約10年間、運転免許証の自主返納者数は右肩上がりに増え続けている。目立つのは75歳以上の人で、19年は全体の約71%を占めた。返納の主な理由は「高齢になり運転の必要がない」「身体機能の低下を自覚した」「家族などの勧め」などという。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文892文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  2. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  3. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 市民バス、ミスで1カ月「白バス行為」 秋田・大仙市、有償運送者更新忘れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです