メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Ball STORY

体重0.1トンの記者も従え毎朝ラン 西武辻監督に聞いた「なぜ走る?」

練習中に増田(右)に笑顔で話しかける辻監督=宮崎県の南郷スタジアムで2020年2月7日午前11時、生野貴紀撮影

 西武の辻発彦監督(61)の日課はランニングだ。2月の宮崎での春季キャンプ中は記者も同行を許された。今季から担当となった体重99キロの私も毎朝、後ろを走った。そもそも辻監督はなぜ、毎日走るのだろうか。

 「なぜか? うーん。以前に監督が話していたのは、『監督が腹が出ているのは格好悪いだろ』ですね」。西武のベテラン広報に尋ねると、こう返答があった。現役時代、二塁手として8度のゴールデングラブ賞を獲得した名手は還暦を超えても、身長182センチのスラッとした体形でジーパンがよく似合う。

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文950文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 夜の銀座クラブ出入り 与党、疑われる本気度 コロナ対策 野党、批判強める

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 入院希望でもホテル行き 糖尿病のコロナ感染者が感じた大阪の医療崩壊危機

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです