メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盤上の風景

/38 囲碁 岩丸平七段 打ちたい手は打つな /兵庫

「囲碁は手軽じゃない分、分かったときの感動がある」と話す岩丸平七段=大阪市北区の日本棋院関西総本部で、新土居仁昌撮影

 日本棋院関西総本部(大阪市北区)で1月23日に打った棋聖戦予選に勝利し、七段に昇段した。六段になってから9年。120勝を積み上げての達成だ。「今年ぐらいかなとは思っていたが、昇段がかかった一番だとは知らなかった」と話し、「六段が長かったのでうれしい。名前とのバランスも、六より七の方がいいなと思う」と笑って喜ぶ。

 実はこの対局、昇段のプレッシャーは無かったものの、別のやりにくさを感じていた。仲邑菫(なかむらすみれ)初段が相手だったのだ。弱冠10歳の、注目の最年少小学生棋士。囲碁を教えに行っている幼稚園の園児たちも「来週、菫ちゃんと打つの?」と興味津々だったとか。握って自身の黒番。手堅く打ち、細かい勝負に持ち込むつもりだったが、「途中で(地を)計算したら思いのほか大差だったので、自分でもびっくりした」。28…

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです