メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横のつながり、強化を 「暮らしネットワーク」発足 県内の地域おこし協力隊ら、松前でサミット /愛媛

自身の経験を語る協力隊員ら=松前町筒井のエミフルMASAKIで、遠藤龍撮影

 県内で活躍する地域おこし協力隊の活動内容をアピールする「えひめ地域おこし協力隊サミット」が23日、松前町筒井のエミフルMASAKIで開かれた。各市町から約20人が参加し、苦労話などを披露。横のつながりを強化する「えひめ暮らしネットワーク」も発足した。【遠藤龍】

 イベントは、協力隊への応援を目的に県が主催した。2019年9月現在、県内には18市町に102人がおり、任期を終えた隊員の約7割がそのまま住み着き、定住につながっているという。

 トークセッションには、OBを含めた4人が登壇した。まず愛媛に来た理由について、東京都から伊予市に家族で移住した本多正彦さん(46)は「街中を離れてのびのびしたいと思った」。一方、移住後の苦労を語ったのは今治市大三島で15年まで隊員として活動し、現在はゲストハウスなどを運営する鍋島悠弥さん(32)。「実際に暮らしてみると、地域の暗黙のルールがあった。そこに住んでいる人が何百年もかけて積み重ねてきた…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです