メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

病院船、建造論が再燃 新型肺炎受け 来月議連開催へ

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府・与野党で「病院船」建造を求める声が強まっている。病院船は戦争や災害時に病院の役割を果たす船舶で、加藤勝信厚生労働相や河野太郎防衛相が建造を検討する意向を表明。3月3日には病院船建造を目指す超党派議連が7年ぶりに総会を開き、政府に整備を促す方針だ。

 病院船を巡っては、1990年の中東湾岸危機や、95年の阪神大震災の際などで関心が高まり、東日本大震災後の2011年4月に「病院船建造推進、超党派議員連盟」が発足した。だが、内閣府が「災害時多目的船」として調査を行った結果、…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです