メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

皆検査で不安ぬぐえ=山田孝男

 「新型コロナウイルス感染症」対策をめぐる百家争鳴の中で、拡大に伴うパニックを案じる専門家の発信が目にとまった。

 自分が感染しているかどうかを、最寄りの医療機関で、いつでも、誰でもチェックしてもらえるPCR検査の普及と医療保険適用を急ぎ、受け入れ体制確立の見通しを示せ――。

 感染症に詳しい上(かみ)昌広医師(51)の主張である。

この記事は有料記事です。

残り1182文字(全文1347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 高齢者施設のクラスター封じ込めへ 大阪府「スマホ検査センター」12カ所に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです