メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書を生かす

情報公開法成立20年/11 バチカンに眠っていた事件報告 過去知らねば不安残す

マリオ・カンドゥチ神父=東京都昭島市で2017年11月

 戦後75年の年を迎えた。戦争を知る人は少なくなり、ますます遠くなっていく。イタリア生まれのマリオ・カンドゥチ神父が2月16日、東京都内の病院で死去した。享年85。

 10歳の時、空襲で母親を亡くしたカンドゥチさんはカトリックの神父となり、前回の東京五輪直前の1963年に来日。81年から新潟県上越市の教会で約30年間主任司祭を務めた。この教会で戦時中に信仰に対する当局の弾圧があったことを知った。ドイツ人司祭と信徒7人が特別高等警察に逮捕された事件について、信徒たちの証言を集め、教会の記念誌に残した。

 2012年に上越市を離れた後も、当事者や遺族とともに検察に残っている裁判記録の開示を求める活動を続けていた。古い裁判記録には、情報公開の仕組みがないが、遺族の求めに検察が応える形で、少しずつ記録が開かれた。罪名は治安維持法違反だったことや、戦後に判決が出ていたことなど、基本的な事実関係が少しずつ明らかになってきた。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

  2. 「感染者がいない場所に逃げてきた」鳥取・島根が隠れた人気に 新型コロナで

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです