メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

住友商事/上 不動産中心から事業拡大

設立当時の大阪北港本社=住友資料館提供

 <since 1919>

 「夢を抱き、その夢の実現のために私たち一人一人が行動を起こし、あくなき挑戦を続けていくことをここに誓おう」

 東京都江東区の東京ビッグサイトで昨年11月28日、「住友商事100周年記念式典」が開かれた。兵頭誠之社長は、集まった約5000人の社員にこう呼びかけた。

 住友商事の源流は、住友財閥の15代当主、住友吉左衛門を中心に1919(大正8)年に設立された「大阪北港」にさかのぼる。大阪港北側の農村地帯を開発し、港湾や工業地帯として造成するための企業だった。戦前は、隣接地域を含む長期の開発事業、不動産経営で大阪港、大阪市の発展に貢献した。

 45年、日本の敗戦に伴い、連合国軍総司令部(GHQ)は「財閥解体」を指示。住友財閥の最後の経営トップとなった住友総理事、古田俊之助が踏み切ったのが、商事会社の設立だった。目的は、復員したり海外から引き揚げてきたりするグループ社員の保護と職の確保だったが、不動産業が主だった企業の殻を破ることにつながる。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです