メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乾杯!世界のどこかで

もぐり酒場は闘争の拠点 南アフリカ・ソウェト シビーン

バケツに入ったムコンボティを飲む男性客ら=ソウェトで2020年1月31日午後4時17分、小泉大士撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 南アフリカ最大のタウンシップ(旧黒人居住区)として知られるソウェト。ノーベル平和賞を受賞したツツ元大主教や故マンデラ元大統領が住んだこともあるこの街には、シビーンと呼ばれる酒場が無数にある。アパルトヘイト(人種隔離)体制に対する抵抗の場でもあったシビーンは、いまも人々の暮らしに根付いている。

 高層ビルが建ち並ぶヨハネスブルクの中心部を抜け、金の採掘で出た黄色い土のボタ山を横目に車を走らせると、住居が密集した集落が見えてくる。そこがソウェトだ。

この記事は有料記事です。

残り1657文字(全文1897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです