メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乾杯!世界のどこかで

もぐり酒場は闘争の拠点 南アフリカ・ソウェト シビーン

バケツに入ったムコンボティを飲む男性客ら=ソウェトで2020年1月31日午後4時17分、小泉大士撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 南アフリカ最大のタウンシップ(旧黒人居住区)として知られるソウェト。ノーベル平和賞を受賞したツツ元大主教や故マンデラ元大統領が住んだこともあるこの街には、シビーンと呼ばれる酒場が無数にある。アパルトヘイト(人種隔離)体制に対する抵抗の場でもあったシビーンは、いまも人々の暮らしに根付いている。

 高層ビルが建ち並ぶヨハネスブルクの中心部を抜け、金の採掘で出た黄色い土のボタ山を横目に車を走らせると、住居が密集した集落が見えてくる。そこがソウェトだ。

この記事は有料記事です。

残り1657文字(全文1897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです