メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・柏澄子

わくわく山歩き 旭岳 隔絶された白い世界

山腹の噴煙。雪に覆われたこの付近も夏になると遊歩道を散策できる=筆者撮影

 カムイミンタラ。アイヌ語で大雪山を意味する。旭岳を含む大雪の山々のことだ。意訳すると「神の庭」であるが、これを「神々の遊ぶ庭」と表現したのは、故春菜秀則さんだった。なんてロマンチストなのだろう。

 最初の出会いというのはとても大切だ。私の場合、旭岳山麓(さんろく)で宿を営む春菜夫妻だった。20年近く前の冬のこと。友人4人とスキー板を抱えて宿に向かった。旭川からバスに乗り、着いたその先は旭岳がどんと構えた、日本離れした景色だった。随分と遠くまで来たものだと思った。雪一色の、外界とは隔絶された一切の雑音のない世界だ。以来、冬になると通った。通い慣れれば近い存在になるかと思いきや、私にとっては依然として遠いところだ。それは、厳冬の旭岳の絶対的な存在感、静けさへの憧れが理由かもしれない。

 春菜さんが宿近くのクロスカントリースキーのコースを整備していると知ったのは2度目の冬。その後もだんだんと夫妻のことを知るようになった。どうやってここに移住してきたか、温泉を掘り当てた時の話、山菜採りの話――。北の厳しい土地に暮らす生活者としてのたくましさを垣間見た。

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. 京都新聞記者が滋賀県を異例の提訴 旧優生保護法の関連文書開示求め

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 石破氏、他派閥に秋波 「これが最後の挑戦」次期総裁選にらみ支持固め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです