新型肺炎 北海道感染は給食配膳員

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北海道江別市教育委員会は23日、新型コロナウイルスの感染が確認されていた50代女性が、市内の小学校に勤務する給食配膳員だったと発表した。校内を消毒し、25日から通常の授業を行う。体調不良を訴える児童はいないという。

 市教委によると、女性は校内の配膳室でクラスごとに給食を分け、各教室の入り口に運んでいた。2~4年生194人分を担当し、作業中はマスクや手袋、白衣を着用していた。13日に喉の痛みを訴え、14…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

あわせて読みたい

注目の特集