メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆症認定訴訟 最高裁あす判決 被爆隠さず生きる 「苦しみ、私たちのせいではない」

被爆体験を振り返り、判決への思いを語る高井ツタヱさん=名古屋市緑区で

 原爆症認定申請を却下された被爆者3人が、国に処分の取り消しを求めた訴訟の上告審判決が25日、最高裁第3小法廷(宇賀克也裁判長)で言い渡される。経過観察中の3人が医療を要する状態にあるかどうか(要医療性)が争点となり、最高裁が初めての判断を示すとみられる。9歳の時に長崎市で被爆した原告の高井ツタヱさん(84)=名古屋市緑区=は「多くの被爆者のためにも良い判決であってほしい」と思いを込める。【川瀬慎一朗】

 高井さんは、爆心地から約5・4キロ離れた自宅で被爆した。父や姉の山田初江さん(87)と、親戚や友人を捜して市街地をさまよった。顔が真っ黒にすすけるほど灰を浴び、約1週間は発熱や下痢、嘔吐(おうと)が続いた。

この記事は有料記事です。

残り1140文字(全文1447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです