拡大か、収束か 政府専門家会議「これから1~2週間が瀬戸際」 新型肺炎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供
透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供

 新型コロナウイルス感染症の政府専門家会議は24日、今後の国内感染について「これから1~2週間が、急速な拡大に進むか収束できるかの瀬戸際だ」とする見解をまとめた。ウイルスについて、飛沫(ひまつ)感染と接触感染が主体だが「至近距離では、せきやくしゃみがなくても感染する可能性が否定できない」、感染力と重…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文326文字)

あわせて読みたい

注目の特集